認定メリット

消費者向けから商用市場まで、DJIマルチコプターは世界最大のシェアを誇り、今後はさらに商用市場での活用が期待されています。日本国内においても、国土交通省航空局ホームページでは許可承認時に「資料の一部を省略することができる無人航空機」として、DJIマルチコプターのほとんどが登録されています。また、DJI CAMPは、航空局ホームページに掲載する無人航空機の講習団体及び管理団体としても登録されています。ますますDJIのマルチコプターを安全に運用できる操縦者が求められており、DJI CAMP技能認定取得したいと要望も年々高まっています。

認定までの流れ

1

認定前の確認

各レベルには事前の認定条件があります。以下に該当するか事前にご確認ください。

認定資格 DJIスペシャリスト DJIインストラクター DJIマスター
前提条件 企業内でパイロット、および改正航空法下で業務を行う方 ドローン事業展開を検討している企業で、DJIインストラクターとして活動をする、または検討する企業 DJI JAPAN 株式会社が総合的な選考により直接任命
飛行操縦経験 10時間以上 50時間以上 100時間以上
その他条件 ・DJIユーザー
・DJI CAMPの定めるスペシャリスト向けDJI CAMPを受講
・DJIユーザー
・DJI CAMPの定めるインストラクター向けDJI CAMPを受講
・第三級陸上特殊無線技士保持者
その他条件:
・DJIユーザー
・電波、航空などのライセンス所持者が望ましい
・第三級陸上特殊無線技士以上(アマチュア無線不可)
・重要場面での操縦経験と指導経験者
・マルチコプター開発経験。(法人格での業務経験が望ましい)
DJIスペシャリスト
前提条件:
企業内でパイロット、および改正航空法下で業務を行う方
飛行操縦経験:
10時間以上
その他条件:
・DJIユーザー
・DJI CAMPの定めるスペシャリスト向けDJI CAMPを受講
DJIインストラクター
前提条件:
ドローン事業展開を検討している企業で、DJIインストラクターとして活動をする、または検討する企業
飛行操縦経験:
50時間以上
その他条件:
・DJIユーザー
・DJI CAMPの定めるインストラクター向けDJI CAMPを受講
・第三級陸上特殊無線技士保持者
DJIマスター
前提条件:
DJI JAPAN 株式会社が総合的な選考により直接任命
飛行操縦経験:
100時間以上
その他条件:
・DJIユーザー
・電波、航空などのライセンス所持者が望ましい。
・第三級陸上特殊無線技士以上。(アマチュア無線不可)
・重要場面での操縦経験と指導経験者。
・マルチコプター開発経験。(法人格での業務経験が望ましい)
2

DJI CAMPの受験予約

DJIインストラクター/DJIマスター企業が開催するDJI CAMPにお申し込みください。
開催スケジュールは、こちらから。

  • ※受験前に、機密保持契約に同意していただく必要がございます。
  • ※機密保持契約に同意できない方は受験ができませんので、ご注意ください。
3

DJI CAMP受講

各インストラクター/DJIマスター企業が提供する座学と技能認定テストを受けていただきます。

4

DJI CAMPの資格取得

DJI CAMP試験に合格されると、認定者がDJI CAMP事務局に認定申請を行います。申請受理後、所定の手続きを経てから認定証と認定カードをお届けします。
認定カードは、約1~2ヶ月でお手元に届きます。
※2ヶ月経っても届かない場合は、DJI CAMP事務局までご連絡ください。

認定試験概要

DJIスペシャリスト

受験の前提条件 10時間以上の飛行経験と実際の業務経験が必要です。
受験費用 受講費用は主催者の開催概要を参照ください。認定証発行には、別途15,000円(消費税別)となります。
認定試験方式 ・筆記テスト
 選択方式がほとんどですが、レポート形式の問題も多少出題されます。
・実技テスト
問題数 最大30問
試験時間 60分
出題範囲 DJI CAMPテキストをベースにした座学内容から出題
認定要件 筆記テストと実技テストの2試験に同時に合格するとDJIスペシャリストに認定されます。
合否結果 約2週間後にメールで結果をお知らせします。

DJIインストラクター

受験の前提条件 50時間以上の飛行経験と実際の業務経験が必要です。
受験費用 受講費用は主催者の開催概要を参照ください。認定証発行には、別途15,000円(消費税別)となります。
認定試験方式 ・筆記テスト
 選択方式がほとんどですが、レポート形式の問題も多少出題されます。
・実技テスト
問題数 最大30問
試験時間 60分
出題範囲 DJI CAMPテキストをベースにした座学内容から出題
認定要件 筆記テストと実技テストの2試験に同時に合格するとDJIインストラクターに認定されます。
合否結果 約2週間後にメールで結果をお知らせします。

教材について

DJI CAMPの座学は、DJI CAMPオリジナルのテキストをベースに実施します。
DJI CAMP受講前にテキストを購入してください。
テキストは以下より購入いただけます。
Amazon DJI CAMP技能認定専用テキストIc gaibu dji sky blue

講義内容

  1. 第1章 操縦者の行動規範
  2. 第2章 安全基準
  3. 第3章 禁止事項
  4. 第4章 マルチコプターの概論
  5. 第5章 電波について
  6. 第6章 気象について
  7. 第7章 飛行について
  8. 第8章 DJI製品について
  9. 第9章 法律について

筆記試験内容

  1. 1.選択問題:30点と飛行計画筆記問題:20点の合計50点満点
  2. 2.40点以上が筆記試験合格ライン
  3. 3.飛行計画筆記問題は、別途定める採点基準で判定

技能テスト内容

  1. 1.機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
  2. 2.離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
  3. 3.ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
  4. 4.右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  5. 5.対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  6. 6.前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
  7. 7.対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
  8. 8.8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
  9. 9.ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
  10. 10.着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。